SkiiMa KICHIJOJI

EVENT

開催中2021/9/13-2021/10/12
KIM SONGHE(キムソンヘ) with your TOYS project

PARCO UPCYCLE

KIM SONGHE(キムソンヘ) with your TOYS project

 

PARCOのクラウドファンディングBOOSTERにてスタートするアップサイクルプロジェクト「KIM SONGHE(キムソンヘ) with your TOYS project」を記念し、活動15周年を記念して制作された貴重な作品や本展示のために手掛けたぬいぐるみやおもちゃを用いた独自のジャンクアートをSkiiMa KICHIJOJI内のコレクションブースにて展示いたします。

 

アップサイクルプロジェクト「KIM SONGHE with your TOYS project」はこちらから

 

【Kim Songhe(キム・ソンへ) / シャンデリアアーティスト】

 

キム・ソンヘは1982年に在日朝鮮人の三世として東京に生まれた。

 

18歳まで朝鮮学校に通い、その後、織田ファッション専門学校に進学。卒業後作家活動を始め、2005年セレクトショップ「Loveless」にて展示したシャンデリア作品が注目を集めたのを契機にシャンデリア作家として独立。以降、国内外の企業やブランドへの作品提供、空間ディスプレイ、プロダクトデザインを手掛けてきた。

 

2009年には韓国・ソウルのハンガラム美術館で開かれた「U.S.B: Emerging Korean Artists in the World 2009」展や、アメリカ・サンフランシスコのSUPERFROG Galleryにて作品展示を行ったほか、2016年には初となる作品集『TROPHY』を刊行。それに合わせ、ラフォーレ原宿で大型展覧会「トロフィー」を開催し、好評を得た。

2021年には渋谷PARCO「PARCO MUSEUM TOKYO」にて活動15周年を記念したKIM SONGHE EXHIBITION『天国 − HEAVEN』を開催。

 

ぬいぐるみやアメリカン・トイ、達磨や招き猫、熊手といったアイテムをコラージュして作られるキムの作品群。「ジャンク・コラージュ」と評されるこうした手法をキムが採用するのは、キムの在日朝鮮人三世という出自と無関係ではない。作品には、常にマイノリティーとして生きてこざるを得なかったキムの多文化主義に対する理想が投影されている。だからこそ彼女の作る作品は一見ごちゃごちゃな「ジャンク」であるようでいて、その世界は奇妙なバランスで均衡を保っている。

 

Instagram:@_kimsonghe_

 

[展示期間]2021年9月13日(月)~2021年10月12日(火)

[会場]SkiiMa KICHIJOJI (吉祥寺PARCO 8F)

[営業時間]10:00〜18:00 ※土曜・日曜休廊

[入場料]無料

※営業時間等は変更になる可能性がございますので予めご了承ください。

 

 【SkiiMa KICHIJOJI コレクションボックスについて】

SkiiMa KICHIJOJIの壁の一部に設置された棚では、働く人のクリエイティビティを刺激するような展示やPOPUPSHOPを開催しています。また利用する人々の小さな挑戦をサポートする場所として貸し出しも行います。

  • SHARE
  • TWEET