ドロップイン1時間¥550(税込)事前予約不要

SkiiMa KICHIJOJI

NEWS

2022/12/29
【Member Interview】株式会社アシタへ・寺地真一さん

SkiiMaで働くメンバーをご紹介する「SkiiMa Member Interview」。初回は演劇や映画のプロデュースを務める株式会社アシタへの寺地真一さんにお話しを伺いました。

 

寺地さんは企業に新卒入社後、日本原作のハリウッド映画化プロジェクトに参画し、原作のソーシング、権利のクリアランス、脚本の企画開発等に従事。その後、数々のライブエンターテイメント領域での新規事業の企画・運用にも携わり、現在は、ショートストーリー演劇のプロダクション「朝プロダクション」の運営や若手映画監督やクリエイターと短編映画プロデュースをされており、短編映画『Funny』では日本国内外の映画祭でノミネート・上映・受賞。2022年、株式会社アシタヘを設立し、更なる事業展開に挑まれています。

01.現在のお仕事

ショート演劇プロダクション「朝プロダクション」の運営、映画/映像製作、TikTok漫画コンテンツのプロデュースなど、エンタメコンテンツをプロデュースしています。1月に独立して会社を立ち上げました。

 

02.「好き」な事はなんですか

食、酒、エンタメが三大欲求です。

それらを通じて、人と交わり、人と共創していくことが一番の喜びです。

 

03.「好き」と「仕事」の関係性

ありがたいことに「好き」 = 「仕事」でやらせてもらっています。

会社員時代も、好きなことを仕事にしていたつもりですが、やはり自分で会社を立ち上げて、自分の意志と選択に責任を持って「仕事をする」というのは、充実感やストレスの感じ方が全く違います。これからも、「好き」を極めて「仕事」につなげていけたらいいです。

 

04.今後実現したい事

名作と言われるような圧倒的な「作品」を作りたいです。

世界で対等に戦える日本のエンターテイメント業界を作っていきたいです。

 

05.SkiiMaって寺地さんにとってどんな場所ですか?

1年以上いて、最近は自分のホームのような感覚になってきました。いい意味で気楽に仕事ができる場所。

一人で仕事をすることが多いので、気軽に話せたり、飲みにいける人がいることは世代関係なくすごく重要なつながりだと思っています。

違う業界でかつそれぞれお一人で仕事している人が多いので、スキーマでしか出会えない出会いがある貴重な場所だなとも思います。

 

【Member profile】

Shinichi Terachi

早稲田大学法学部卒業。株式会社アカツキに新卒入社。日本原作のハリウッド映画化プロジェクトに参画し、原作のソーシング、権利のクリアランス、脚本の企画開発等に従事。また、数々のライブエンターテイメント領域での新規事業の企画・運用にも携わる。現在は、ショートストーリー演劇のプロダクション「朝プロダクション」を運営。講談社との共同企画である『朝シェイクスピア 30分でわかるマクベス』をプロデュースする。若手の映画監督やクリエイターと短編映画プロデュースをしており、短編映画『Funny』では日本国内外の映画祭でノミネート・上映・受賞をしている。2022年、更なる事業展開のため、株式会社アシタヘを設立。

  • SHARE
  • TWEET