営業時間変更について

【TRY DAYスタート】毎週水曜日はドロップイン2時間無料

SkiiMa SHINSAIBASHI

NEWS

2021/6/12
「貴重な棒を持つネコ」出版記念作品展 棒ネコとゆかいな仲間たち

コロナ禍の2020年9月7日、Twitterに突如出現した「貴重な棒を持つネコ」アカウント。
飼い主から「貴重な棒だから大事に持っていてね」と渡された謎の棒を大事に持ち続けたネコのフーちゃんが2年が経ち、とんでもない虚無顔になってしまった、という第1話が多くの“いいね”を集め話題となりました。

飼い主と出会うまで、何があっても棒を離さないフーちゃん。そんなフーちゃんこと「棒ネコ」を応援するファンが増え続け人気となっています。

今年4月ファン待望の書籍化を果たした「貴重な棒を持つネコ」の出版を記念して開催された企画展を大阪・心斎橋で開催します。書籍の為に描かれた新作アートの他、作品展のために描き下ろされた限定公開アートを展示。また、出版を記念したグッズも販売致します。

 

●タイトル
「貴重な棒を持つネコ」出版記念作品展 『棒ネコとゆかいな仲間たち』

●イベント期間

 2021年6月22日(火)~7月4日(日)最終日 18:00閉場

 ※休館・営業時間は心斎橋パルコに準ずる

●会場:SkiiMa Gallery(心斎橋パルコ 4F)

●入場料:無料

●主催:パルコ

●企画:株式会社ディレクションズ

●企画協力:株式会社マインドワークス・エンタテインメント

【グッズ情報】

【書誌情報】

『貴重な棒を持つネコ』

著者・イラスト・漫画 室木 おすし

定価: 1,320円(本体1,200円+税)

判型:A5判

ページ数:144

ISBN:978-4-04-605200-1

発売日:2021年04月23日

(c)Muroki Osushi/bouneko

 

KADOKAWAオフィシャルサイト書誌詳細ページ

https://www.kadokawa.co.jp/product/322012000861/

 

貴重な棒を持つネコ とは?

2020年9月7日にTwitterで連載を開始した4コマ漫画。

飼い主から謎の棒を渡されたネコのフーちゃんが、言いつけどおりに棒を大事に守りながら行方不明の飼い主を探す物語。途中様々な仲間たちに出会いながら旅するフーちゃん。果たして、飼い主に出会うことはできるのか…?

https://twitter.com/bouneko11

 

著者プロフィール:​室木おすし(ムロキ オスシ)

1979年生まれ、イラストレーター、漫画家。3児の父、悲しみゴリラ川柳作者。16歳の頃から寿司屋のバイトを転々とし、名前の通り特技は寿司握りという一面も。シュールな作風の作品が多いが、「自分のことをやさしいと思っている」らしい。

 

  • SHARE
  • TWEET